福井県で獲れる越前がに

かにの主な産地として、福井県の越前がにが有名になっています。

 

越前ガニは、北海道でも獲れますが、日本海のとても冷たい場所で水揚げされた越前がには、繊維がとても締まっていて、ことの他美味しい事で有名です。また、栄養価も高く身が甘いのも特徴です。

 

ちなみに、福井県の三国港沖で獲れた越前がには、毎年皇室などに献上されています。

 

越前がにはズワイガニの部類ですが、福井県で水揚げされるズワイガニのオスのことを指して越前がにと言っています。

 

福井県での越前がにの漁の解禁の期間は、11月初旬〜3月下旬で、従ってこの時期が越前がにの旬ということになります。

 

越前がには、1kgに成長するまでに10年という期間かかるそうなので驚きです。何とも長くかかるのですね。それだけに水揚げする量も少なく、越前がにのせりは1週間に1度しかせりが行われません。

 

普通越前がには真っ赤なのですが、真っ白い越前がにが獲れたことがあります。めでたい「紅白のかに」として一躍話題になったことがありました。

 

重さ約1キロ、足を広げた大きさは約80センチのこの真っ白い越前がには、地元のミュージアムに他の赤い越前がにとともに展示されたそうです。

 

どうして真っ白い越前がにになったのかも色々ささやかれたものですが、展示されたミュージアムの館長さんの話によると、かにの色素を生成する「チロシナーゼという酵素の異常ではないかということでした。

 

それにしても紅白の越前がにとは縁起が良いですね。