北海道で獲れるタラバガニ・ズワイガニ

かには各地に産地がありますが、なんといっても北海道がかにの一番の名産地です。

 

北海道産のかにには、タラバガニ・ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニがあり、なかでもタラバガニやズワイガニが多く水揚げされます。

 

北海道産のかにの中でも、特に代表的なタラバガニですが、タラバガニとよく似たかにに、アブラガニがあります。味自体はタラバガニと比べるとやや劣るのですが、価格はタラバガニよりも安くて、お得なかにと言えます。

 

なかにはアブラガニをタラバガニとして売っているお店もあるとか。タラバガニとアブラガニの見分け方は、甲羅で見分けることが出来ます。

 

甲羅の真ん中の部分の突起がタラバガニの場合は、6つで、アブラガニは4つなので、見分け方は案外簡単なようですし、ズワイガニは見た目もツンツンしています。

 

見た目もよく似ていますが、タラバガニよりちょっと劣るとはいえ、ズワイガニもかなり美味しいと言えます。価格はタラバガニのほうがかなり高いです。

 

かにはどれも比較的高額なのですが、年末年始の出荷数は凄いことになっているようです。本格的なお説料理を作る家が減り、1年の初めを豪華なかに料理で景気をつけようというわけです。

 

そして近年にさらに増えているのが、かにのお節セットです。見た目は良いけれど、若い人にはあまり興味がない昔ながらのお節より、かにお節の方が人気が出てきているようです。

 

そして、かには茹で方か難しいのですが、綺麗なお節で届けば、暮れの忙しい時期の主婦には大助かりです。