兵庫県・京都府・鳥取県で獲れる松葉がに

かにの主な産地に、兵庫県・京都府・鳥取県があります。この地方で獲れるかにの種類は松葉がにで、松葉がには、かにの種類の中でも、最上級とされるかにです。

 

松葉がにと呼ばれるこのかにの総称が少々複雑なのですが、それぞれの漁港でつけられた名前がある、それらも全て松葉がにと呼んでいます。間人かに、大善かに、津居山かに、柴山かになどのように、それぞれ松葉がにに、漁港の名前を付けてあります。

 

もちろん、この地方に行って極上の松葉がにを食べることが出来たら最高ですが、通販で自宅に居ながら美味しい松葉がにを堪能できます。

 

かにの最高峰といわれる松葉がには、身も詰まって美味しく、見栄えも良いのでお歳暮などの贈答品によく使われるといいます。高価な松葉がになので、私はまだ松葉がにを使ったことがないのですが、今度こそ使ってみようと思います。

 

また、京都の丹後では、浅茂川港から獲れる“大善がに”や、間人港で獲れる“間人がに”が有名で松葉がによりも安いこともあり、かにの通販のなかでも人気のある商品だそうです。

 

ところで松葉がにの名前の由来ですが、諸説あるそうです。その一つは、脚足が細長く肉が松葉に似ているからという説と、秋も過ぎて松葉が落ちるころが獲れる時期だからという説だそうです。

 

いずれにしても、「スーパーから買ってきたかに!」というよりも「兵庫や京都や鳥取から我が家に届いたかに!」と、送られた地方のことに思いを巡らしながら食べるかにも楽しいものがあります。かにの通販バンザイ!です。