かにの解凍・保存方法

かに通販でかにを購入すると、その多くは冷凍された状態で配達されます。なので、海から遠い信州でも、自由に美味しいかにが食べられるというわけです。

 

全てのかには鮮度を保つために、捕獲した直後に急速に冷凍状態にします。なかには「チルド」と言って冷蔵で届くかに通販もあるようです。

 

でも、これは季節限定の物が多く、かに通販で販売されている9割以上のかにが、獲れた直後急速冷凍されて出荷されます。獲れてすぐ、そして休息冷蔵が発達して、より鮮度が保ちやすくなっています。

 

そうして冷凍されて送られてきたかにですが、食べるために解凍しなければいけません。慣れない人には結構難しく、面倒に思われがちなのがこの、かにの解凍です。解凍を上手にしないと、味も落ちて残念なかにになってしまいます。

 

味も風味も落とさないようにして解凍するには、食べる時間を計算して、解凍を始める時間を決めます。解凍してから時間が経ちすぎると、当然のことながら味も風味も落ちてしまいます。

 

特に、花咲がにの場合は解凍に長時間必要です。解凍に必要な時間を逆算して配達しってもらう日を決める必要があるといいます。

 

かに通販は届いてからの扱い方が、いざかにを食べる時の味に大きく影響してきます。普通のお魚も解凍には注意が必要ですよね。いきなりの解凍より自然解凍の方が良いとか、その食品によっても色々言われています。

 

まずは、ボイルされたかにの解凍方法ですが、冷蔵庫で時間をかけて自然に行う方をお勧めします。

 

冷蔵庫でかにを解凍するときドリップも出ます。なので、そのドリップを吸わせるためにも新聞紙で包んで冷蔵庫に入れてください。

 

味が落ちるというので私はやったことがありませんが、常温でかにを解かすと、新聞紙を3回も4回も取変えなくてはならないほどドリップがでてしまうそうです。それでは当然美味しさが逃げてしまいますよね。