かにめしの作り方

美味しいかにの調理法はいろいろありますし、なにしろ素材がいいのですから、素材の良さで料理べたをカバーしてくれます〜♪

 

でも、素材の良さの上にアグラをかいていないで、美味しいかにの作り方を勉強しましょう。

 

かにはお鍋で食べる人が一番多いようですが、かに飯も美味しのでご紹介します。

 

毛がにを使ってのかにめしの作り方です。

 

【材料・4人分】「米・3カップ」「毛がに殻付き・450g」「調味料*食塩・5少々 *しょうゆ・適量*清酒・適量*さやえんどう・少々*キザミ海苔・少々*錦糸卵・卵2個分」
【作り方】お米は炊く1時間前に洗って水を切っておきます。

 

そして、かにの身を取り出しますが、脚の部分だけは取らずにおいて飾りにします。他の部分の身はほぐします。

 

鍋にかにの殻を入れて水を入れて煮ます。殻を煮ている間に、塩を少し入れたお湯で色よくさやえんどうを茹でて細切りにしておきます。

 

かにの殻が煮立ったら弱火にして10分程度煮ます。煮た後漉して、漉しだした汁700mと調味料を米の中に入れて普通に炊き、炊き上がったところですぐにかにを入れますがかき回すのは後です。

 

10分ほど蒸らしたらかき混ぜて器に盛ります。そして、茹でたさやえんどう、錦糸卵、キザミ海苔をトッピングして、最後にむき身を飾って出来上がりです。

 

緑と黄色と、そして美味しいそうなかにとで、何とも綺麗です。かに飯は各地で駅弁として売っているところも多いそうですが、自分で作るかに飯は特別です。ぜひ、お試しください。