富山県・福島県で獲れるベニズワイガニ

日本のかにの名産地のひとつが、富山県・福島県です。

 

その富山県の新湊漁港で獲れるベニズワイガニが有名です。そして、普通は朝せりが行われるのに、新湊漁港では昼にせりが行われることでも有名です。

 

その日に獲れたかにが、せりにかけられるのですから、新鮮さはこの上なしと言えます。

 

富山湾のベニズワイガニは、毎年9月1日に漁解禁となります。初もののベニズワイガニを家にいながらにして食べられるのも、かに通販の良いところです。

 

富山湾では、朝のせり市だけでなく、獲りたてのかにが食べられるようにと、午後の1時からもせりを行っています。

 

普通のズワイガニは、水深400m〜600mに生息しているといいますが、ベニズワイガニの場合は、水深1,000mもの深さに生息しています。そのため、ベニズワイガニの甲羅は薄くて傷つきやすく、市場に流通しにくいといいます。べ二ズワイガニはとっても貴重なかになのです。

 

富山県と並んでベニズワイガニが獲れるのが福島県です。福島県では、小名浜、相馬、など、福島県沖合の荒波で育ったベニズワイガニは、茹でる前から甲羅が真っ赤だといいます。そして、その身はみずみずしくて甘みがあり、その美味しさは格別だといいます。

 

ベニズワイガニは、富山県や福島県だけではなく、各地で獲れてそれぞれの県名がつけられています。

 

北海道紅ズワイガニから始まって、 青森ベニズワイガニがあり、そして、 秋田ベニズワイガニ、 岩手ベニズワイガニ、 山形ベニズワイガニ、 宮城ベニズワイガニ、 福島ベニズワイガニ など、各地ご自慢のベニズワイガニがあります。

 

これら各地のベニズワイガニを、かにの通販で楽しまれることをお勧めします。