かにの焼き方

かにを摂る漁師さんも言っていますが、かにはそのままシンプルに食べるのが1番と。なので、シンプルに焼いてかにの旨みをそのまま味わえる、焼いたかには最高の醍醐味と言えます。

 

焼きがにの最高にうまい食べ方は、殻がついたまま焦げ目がつくまで焼いてあげます。香ばしい香りが何とも言えません。焼いたかにに、レモン汁かすだちをかけて、さっぱりといただきましょう。

 

七輪など炭火で焼くのが本来の炭火焼ですが、現代の一般の家庭では難しいと思います。なので、バーベキューセットなで焼くのがお勧めですですが、それにこだわらくてもコンロや網で焼いても良し、ホットプレートで焼いても良いと思います。

 

ちなみに、焼きがには生がにでもゆでがにでも、どちらでもいいですが、基本は生がにですが、焼きすぎないところを食べるのが焼きがにの醍醐味なので、安全のため茹でがにがお勧めです。

 

私はお酒が飲めなくてつまらないのですが、焼きガニにと一緒に飲むお酒は最高だとか。お好きなお酒で楽しんでください。

 

また、漁師さんの話によると、焼きがに美味しさは、レシピというよりも焼きがに向けのかにを使ったほうが良いそうです。焼きがにに合ったかにを選ぶことで最高のおいしさを味わえると言っています。

 

そして焼きがにようにするかにのさばき方は難しいので、さばいたかにを送ってもらうようにお勧めします。ご自分でさばいてみたいときは、ユーチューブなどの動画がわかりやすいのでお勧めです。

 

今は、かに通販のお店のサイトにもかにのさばき方の動画が見られるお店も多くなっていますからそれを見てもいいですね。