かにの茹で方

なんといっても、かには茹で方が命と言われるほど茹で方で味に大きな差が出てきてしまいます。そしてかにの種類によっても微妙にさがあるようなので、通販から送られてきたDMの内容をよく見ておく必要がありそうです。

 

そこで、かにを実際に獲っている魚師さんが教えてくれたという、美味しいかにの茹で方をご紹介します。 漁師さんならではの、かにの茹で方で美味しいかにを召し上がることをお勧めします。

 

かにの茹で方のポイントは、

 

1、送られてきたかにのゆで方に記載してあるゆで茹で時間を守る。

 

2、かにはゆでたてが美味しいので、茹でたらすぐに食べるようにする。

 

3、かにの素材を生かした食べ方が1番。(なるべくそのまま食べる)

 

のだそうです。シンプルが一番良い良いと漁師さんは言っています。

 

かにの茹で方ですが、前掛けの部分の通称ふんどし、と言われる部分を開きます。そして、中から内蔵(ミソのことですが)を手や箸で取り出して軽く水洗いをします。

 

次に大きめの鍋にかにが隠れる位の水いれて塩を入れます。(かにはまだ入れないでね)塩は水1?に対して15g〜20g程度入れます。

 

沸騰してから、かにを入れます。タラバガニだったら甲羅を下にして入れてください。再びお湯が沸騰してから18〜20分程度でゆで上がります。茹で上がったら軽く水洗いをして下さい。

 

茹でたては最高です!通販でかにを購入して良かった〜!と、思うはずですよ。

 

美味しいものを食べると幸せ気分になりますが、ほんと、幸せ気分になります!